塾講師の得られる収入


家庭教師と塾講師は、いずれも、生徒に勉強を教えるのが主たる仕事内容になります。 とは言え、それらの仕事には、各々の特徴に違いがあります。例えば、用意されている報酬の金額もその一つです。 ただし、これから取り組む仕事を決める上で、報酬の金額だけにとらわれて、安易な判断をすると、思わぬ失敗をするリスクが高くなるので、注意する必要があります。


まず、家庭教師は、生徒の自宅へ出向き、1対1の形式で指導するのが基本です。 家庭教師の報酬金額は、派遣会社に登録するか、個人で仕事を探すかによっても違いがあります。 その内、後者の場合には、会社にマージンを天引きされないため、手取り金額がそれなりに多くなります。 また、単位時間あたりの報酬金額は、集団指導の塾講師と比較すると、家庭教師の方が高く設定される傾向にあります。


ただし、1対1の指導スタイルが基本であるほか、各生徒宅まで往復する必要があるなどのことから、家庭教師が1日に指導できる人数も、それなりに限られます。 一方、塾講師の場合、生徒の方から通塾するため、1日の指導可能人数もそれだけ多くなります。 とりわけ集団指導の塾では、その傾向も顕著に表れることとなります。 当サイトでは、「家庭教師と塾講師の内、どちらの方が稼げるのか?」という疑問にお答えしてまいります。 これから、家庭教師もしくは塾講師になりたいと考えている方は、是非チェックして、参考にして頂ければ幸いです。


■塾講師関連サイト
塾講師 バイト===家庭教師と塾講師どちらも求人があり、参考になります。